カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
今月のお買い得 トップバナー

 Powered by Google 翻訳翻訳
シャンパン ロゼ

■ ロゼ ■

シャンパーニュの歴史の中で、ロゼシャンパーニュだけは異なる道を歩んできました。通常のシャンパーニュに比べ注目されてきませんでした。ようやく人気が高まってきたのは今世紀に入ってからのこと。世界的に人気を博すようになってきました。 ロゼシャンパーニュの魅力は何と言っても黒ブドウ由来の美しい色、香り、果実味にあります。特に、フランスでは女性から圧倒的な支持を集めています。実は、どんな料理とも合わせやすいのも魅力です。 ロゼシャンパーニュの製法には2通りあります。「セニエ法」と「アサンブラージュ法」です。

シャンパン ロゼ セニエ法
■ セニエ法 ■
除梗した黒ブドウを圧搾前にマセラシオン(果皮浸漬)を行い、ロゼ色の果汁を造ってから醸造する方法。ブドウを種ごと果実を漬け込みタンニンや色素を抽出します。

一部の果汁はそのまま赤ワインとして造ることもできるので「セニエ」=「血抜き」と呼ばれています。

とてもデリケートな製法で、特に色のコントロールが難しいため、採用する生産者が少ない方法です。しかし、しっかりとしたタンニンや果実味を愉しめるので赤ワインのように厚みを感じさせる味わいになります。

シャンパン ロゼ アサンブラージュ法
■ アサンブラージュ法 ■
ベースとなるヴァン・クレール(シャンパーニュの原酒)の赤と白をブレンドしてロゼ色を造り出す方法です。
ブレンドの決定がしやすく、毎年コンスタントな色に仕上げやすいので一般的に採用されている方法です。

フランスでは、シャンパーニュだけが唯一ブレンドによるロゼ造りが許されています。

これらの製法を参考にロゼシャンパーニュを選んでみてください。ご自分の好みのロゼシャンパーニュに出会えるお手伝いをしてくれるはずです。

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜3件 (全3件)

1件〜3件 (全3件)

ページトップへ