カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
今月のお買い得 トップバナー

 Powered by Google 翻訳翻訳

イチローズモルトがWWA3部門受賞

2月21日(日)にお台場ビックサイトで行われた「ウイスキーマガジンライブ」の中でワールド・ウイスキー・アワード(WWA)ベストジャパニーズウイスキーの発表が行われた。

ベンチャーウイスキー社は、熟成年数別3部門中2部門とブレンデッドモルト部門の計3部門を受賞。昨年に続いての3部門受賞となった。

ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)とは、世界100カ国以上で発行されている「ウイスキーマガジン」の発行元である「パラグラフ・パブリッシング社」が企画、開催している世界的なウイスキー・コンペティション。ウイスキーの専門家、業界著名人からなる審査員に銘柄を伝えずに評価する「ブラインド・テイスティング」により精査。世界で究極のウイスキーが決定するまで世界で3度テイスティング精査が行われる。

このワールド・ウイスキー・アワード(WWA)が世界中の注目を集めるのには理由ある。

■ 世界で唯一のウイスキーだけのコンペティションであること

■ コンテスト開催時において必ず市場に流通しているオフィシャルボトルのみを対象としていること

■ 世界中の優れたジャーナリストやリテーラー、マスターブレンダーやディスティラー、ブランドアンバサダーらから構成される業界のプロが選定すること

■ 銘柄を知らせずにテイスティングを行う「ブラインド・テイスティング」で3度にわたり厳正に選定すること

■ 各部門でたった一つ、世界で究極のウイスキーを決定すること

そんな世界最高峰のウイスキー・コンペティションで3部門の受賞を果たしたベンチャーウイスキー社 社長の肥土 伊知郎 氏は、受賞の喜びをこう語る。

「他の受賞ウイスキーが大手メーカーのウイスキーであったということを考えると、私どものような地方の小さなメーカーが受賞させていただきましたこと、特に、シングルモルト部門では熟成年数別3部門中2部門で最高の評価を得ましたことに驚いております。

昨今、世界的に日本のウイスキーは高く評価されており、このような形で日本を代表するウイスキーとして選ばれたことを大変光栄に思っております。」

ベンチャーウイスキー社が受賞したのは下記の通り。

■ ベストジャパニーズシングルモルト 熟成年数21年以上

イチローズモルト カード キング・オブ・ハーツ

■ ベストジャパニーズシングルモルト 熟成年数12年以下

イチローズモルト カード シックス・オブ・クラブス

■ ベストジャパニーズブレンデッドモルト NO AGEクラス

ピュアモルト MWR リーフラベル

昨年に続いての受賞であり、その実力が確かなものであることを証明した。その人気の高さは、実力に裏づけされたものであることが良くお分かりいただけるのではないだろうか。

受賞したウイスキーは、どれも閉鎖された羽生蒸留所の原酒で、残っている樽に限りがある。今後ますます激しい争奪戦が繰り広げられるのは必死だ。ただ、肥土氏は、念願だった自身の蒸留所の稼動を本格的に始めており、ニューポットをリリースしている。飲んでみると半年にも満たないウイスキーだったにもかかわらずそのポテンシャルは計り知れなかった。これから秩父蒸留所でどんなウイスキーが生まれるのかとても興味深い。

弊社では、NBA福岡支部がベンチャーウイスキー社 社長 肥土 伊知郎 氏を招いて開催するイベントに協力することになった。本人からどんな話が聞けるのかいまから楽しみでならない。

詳細については詳しく決まり次第お知らせする予定。乞うご期待!

● ウイスキーマガジンとは?

● ウイスキーマガジンライヴとは?

● ワールド・ウイスキー・ワード (WWA) とは?

● WWAベストジャパニーズウイスキー受賞結果

● ベンチャーウイスキー社 ホームページ

■ ベンチャーウイスキー社 取扱商品一覧

ページトップへ