今月のお買い得 

シャンパーニュの豆知識

4.シャンパーニュのブリュットって何?

シャンパーニュ豆知識 Q4

シャンパーニュは、瓶内二次発酵が終わった段階で糖分はゼロに近くなっています。発酵で糖分をアルコールや炭酸ガスに分解されるからです。そのためとてもドライな状態になります。


そこで、デゴルジュマン(澱抜き)の工程の際に目減りしてしまった分を補充するドサージュ(糖分添加)が行われます。その際どれだけ糖分を添加するかによってシャンパーニュの甘さが決まってきます。


【ブリュット】とは「辛口」と訳されることが多いですが、実際のところ糖分が12g/lのものは【ブリュット】に該当するので、その甘辛度には意外と差があるのです。


【ブリュット】の中でも0~6g/lのものを【エクストラ・ブリュット】、3g/l未満のものを【ドサージュ・ゼロ】といいます。


注)メゾン独自に使う名称もありますが、必ず【ドサージュ・ゼロ】【ブリュット・ナチュール】【ノン・ドゼ】のいずれかの名称を併記しなければいけないことになっています。


つまり、「ブリュット」とは【シャンパーニュの甘辛度を指す言葉】なのです。そのシャンパーニュの甘さの加減を表す指標となります。【Brut】と表記されているシャンパーニュでも実際に飲んでみると甘味を感じることができるものもあります。ぜひ色々な銘柄を試してみてご自分に合ったシャンパーニュを見つけてみてください。


ちなみに、お酒でいう「辛口」とは、唐辛子などの香辛料を口にした際に感じる「辛い」ではなく、「キレがいい」とか「甘みが少ない」と言ったような意味合いとなります。


シャンパーニュの豆知識 甘辛度


カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

【毎週日・水曜日が定休日です】

ページトップへ