カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
今月のお買い得 トップバナー

 Powered by Google 翻訳翻訳

シャンパーニュはローマだった!?

シャンパーニュの歴史 ローマ

シャンパーニュでは、約6,000年前のものと見られる岩石からブドウの葉の化石が発見されていますが、ワインはギリシャ人に、本格的なブドウ栽培はローマ人によってもたらされました。

古代ローマ時代、フランスは「ガリア」と呼ばれるローマの属州で、ケルト系のガリア人が住んでいました。紀元前58年に始まったローマの将軍ユリウス・カエサルが行った軍事遠征「ガリア戦役」によりローマの支配権がガリア全域に広がりました。こうしてフランス全土でブドウ栽培、ワイン造りが本格的に始まってゆきました。

だから、「シャンパーニュ」がローマ語の「Champagne(カンパーニュ)=平原」からきているわけなのです。ローマ時代の名残のようです。

紀元前79年にヴェスヴィオ火山が噴火し、ローマにおけるワインの中心地ポンペイが壊滅してしまいました。ローマではワイン不足に陥り、ローマ近郊の穀物畑が次々とブドウ畑になってしまい、今度は麦不足を招いてしまいます。

そこで、紀元前92年。ローマ皇帝ドミティアヌス帝はブドウ栽培を規制する勅令を発し、イタリアに新たなブドウ園を作ることを禁じ、属州にはブドウ畑の少なくとも半分はブドウ樹を引き抜くよう命じました。ワインの過剰生産と穀物不足の解消が狙いでした。

この勅令は280年、時のローマ皇帝プロブス帝により完全に廃止されるまで続いていました(実際には、ずっとワイン造りは続いていたのですが)。こうしてガリア全域でブドウ栽培が認められました。

ローマ時代、シャンパーニュの白亜の大地は格好の石灰岩の採掘地でした。それらの採掘跡の白亜の洞窟は、今なお貴重なシャンパーニュセラーとして活躍しています。








シャンパーニュの豆知識 シャンパーニュの歴史


シャンパーニュにまつわる基礎知識をご紹介しています。


ページトップへ