カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
今月のお買い得 トップバナー

 Powered by Google 翻訳翻訳

3.そもそも「グランクリュ」とは何なのか?

「シャンパーニュにも格付けがあって、中でも「グランクリュ」が重要だということは分かったけど、そもそも「グランクリュ」ってどうやって決められてるの?」

「ブルゴーニュやボルドーの格付けと何が違うの?」

そんな疑問を抱いた方もいらっしゃるでしょう。
ブルゴーニュの格付けは「畑」、ボルドーの格付けは「生産者」であるのに対して、シャンパーニュは【ブドウの取引価格】によって区分されています。

グランクリュは100%、プルミエ・クリュは99〜90%となっています。では、このパーセントは何を意味しているのでしょうか?

たとえば、グランクリュのブドウが1kg1000円でとりひきされるとするならば、90%のプルミエクリュだと900円で取引されることになります。つまり、パーセンテージが高いほど高値でブドウが取引されるということになるのです。

ちょっとわかりづらいかと思いますが、下記はグランクリュの村だけを抜粋した地図になります。シャンパーニュの豆知識 グランクリュMAP

この「グランクリュ」と「プルミエ・クリュ」は【村単位】で定められており、AOCの規定に沿って造ったものであれば、どの生産者が作っても「グランクリュ」の村で造られたブドウを使用していれば【Grand Cru(グランクリュ)】を名乗ることができます。

そう、実質的には「グランクリュ」は【村】で区分されています。

また、単一の村のブドウを使用していても、複数の村のブドウを使用していても【Grand Cru(グランクリュ)】とラベルに表記できます。

・・・ということは、ブドウの品質や状態の良し悪しにかかわらず、どこで採れたブドウなのかが重要になってきます。実際はその評価に見合わないとしても「グランクリュ」とラベルに表示できてしまうのです。
逆説的ではありますが、「グランクリュ」だから安心!素晴らしい!というわけではないということにもなります。

とはいえ、グランクリュのテロワールは、その評価に見合っているとされています。
よって、グランクリュを知ることは、シャンパーニュを知る第一歩となってくれるはずです。ぜひ、前項の「ぜひ覚えておきたいグランクリュ」を念頭にシャンパーニュ選びにお役立ていただければ幸いです。



ページトップへ