カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
今月のお買い得 トップバナー

 Powered by Google 翻訳翻訳

5.生産者には種類がある

前章のラベルの見方でもちょっとだけ触れておりましたが、生産者には様々な業態が存在しています。現行法規に従い、シャンパーニュのラベルにはシャンパーニュ委員会認可済みを証明する生産者の業態別登録番号と登録番号が必ず表示されています。その業態を表す登録番号には8種類あります。これをチェックするだけでその生産者がどの業態かがひと目でわかるというわけです。

では、その業態を詳しく見てまいりましょう!

1.NM = Negociant Manipulant (ネゴシアン・マニピュラン)

ネゴシアン兼醸造業者のこと。原料であるブドウや果汁、原酒を他社から購入し、シャンパーニュを造る個人または法人です。大手メゾンのほとんどがこの「NM」に該当します。もちろん、自社畑を所有している生産者も多いのですが、自社だけではその生産量を賄えないので買い付けを行っています。

2.RM = Recoltant Manipulant (レコルタン・マニピュラン)
ブドウの栽培業者兼醸造業者のこと。自社畑のブドウのみでシャンパーニュを造っており、そのほとんどが家族経営の小さな生産者です。ただし、近年その活躍は目を見張るものがあり、小さいながらも高い品質と評価を得ている生産者も現れています。シャンパーニュ人気と業界そのものを牽引する原動力でもあります。

3.CM = Cooperative de Manipulant (コオペラティヴ・ド・マニピュラン)

生産協同組合のこと。組合員が栽培したブドウでシャンパーニュを造り、組合ブランドとしてリリースしています。この業態として有名なのが「ニコラ・フィアット」です。

4.RC = Recoltant Cooperateur (レコルタン・コオペラトゥール)

ブドウ栽培業者兼協同組合員のこと。加入している組合から製造過程の原酒を買い取り、シャンパーニュを製造販売しています。または、出荷の準備ができたシャンパーニュを買い取って自社ブランドとして販売します。

5.SR = Societe de Recoltant (ソシエテ・ド・レコルタン)

ブドウ栽培業者団体のこと。同じ団体に属する会員の畑で収穫されたブドウでシャンパーニュを造っています。

6.ND = Negociant Distributeur (ネゴシアン・ディストリビュトゥール)

ネゴシアン流通業者のこと。瓶詰された完成品を購入して、自社のラベルを貼って販売しています。

7.MA = Marque d' Acheteur (マルク・ダシュトゥール)

顧客の要請により、顧客名で造るブランドのこと。レストランやホテルなどのプライベートブランドとして生産者に依頼して製造しているものです。フランスの有名ホテルやレストランにみられる業態です。

8.R = Recoltant (レコルタン)

製造業者でも協同組合委員でもない農家が自身の畑で収穫したブドウをネゴシアンに製造委託してシャンパーニュを製造してもらうというもの。すでに廃止された記号ですが、流通在庫が残っているようです。


ここまでちょくちょく出てきた「ネゴシアン」という言葉。
これは、
「他の生産者が造ったブドウやワインをブレンドし、さらに熟成などさせて独自のワインを造る生産者」
のこと。

ワイン好きならおなじみの単語かもしれません。ブルゴーニュワインにも生産者元詰めの「ドメーヌ」と「ネゴシアン」が存在しています。それと同じようなものだと思っていただいて差支えないと思います。

ブルゴーニュのドメーヌものがシャンパーニュだとRM(レコルタン・マニピュラン)、ブルゴーニュのネゴシアンものがシャンパーニュだとNM(ネゴシアン・マニピュラン)だと思っていただけるとわかりやすいかもしれません。この違いを分かっておくだけでもシャンパーニュの特徴を掴むヒントになります。

というのもシャンパーニュの場合、「アサンブラージュ」という秘技が存在しているからです。「アサンブラージュ」とは、様々な原酒を目指す酒質になるようにブレンドすること。それによりそのブランドらしい味わいを造り上げています。つまり、このブレンドの際にどんな原酒を使用するかで個性に差が生じるのです。

一般的には大手メゾンは資金力があるので多くの原酒を貯蔵しておけるのですが、小規模な生産者だとあまり多くの原酒を貯蔵しておけないという側面があります。つまり、この差によって使用する原酒のバリエーションが限られてしまう傾向にあり、大手メゾンに比べると熟成からくる味わいや香りの奥行きや複雑み、熟成感などが出しにくいのです。

だからといって「大手メゾンの方がおいしい」と申し上げたいわけではないのです。小規模な生産者にだってそれぞれに目指すシャンパーニュがあり、日夜努力しています。その努力の結晶が生み出す感動的なシャンパーニュたちに出会えば「こんなシャンパーニュもあるんだ!」とシャンパーニュの奥深さに気づかされることでしょう。
ぜひあなたもそんな感動的な体験をいっぱいなさってみてください。きっと「これだからシャンパーニュはやめられない!」と虜になること間違いなし!なのです。

ページトップへ