今月のお買い得 

シャンパーニュ通への道

6.シャンパーニュをブランドで選ぶ

ブランド品に憧れるというのは女性のみならず、人間が誰しも抱く感情のひとつ。ワインにもブランドは存在します。特にシャンパーニュは莫大な広告費をかけてブランドイメージを作り上げてきたマーケティングのプロフェッショナル。

 皆様もよくご存知なモエ・エ・シャンドンを有するのはルイ・ヴィトンなど数々の有名ファッションブランドを所有するLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)社。
こうした大きなグループ企業は、宣伝活動が非常に上手いだけでなく、設備投資などにも向けられる資金力があることが強みです。

 シャンパーニュ造りにおいて商品を現金化できるまでにノンヴィンテージなら最低でも1年以上、それ以上の上級キュヴェになると3年以上かかります。ワイン法で定められた熟成期間が15ヶ月以上だからです。小規模な生産者だとリザーブワイン(ヴァン・ド・レゼルヴ)を長期間、大量にはなかなか抱えられないし、簡単には設備投資もできません。ゆえに、複雑さや熟成感でどうしても大手にはかなわない部分があります。

 厳しい気候のシャンパーニュ地方では、難しい天候に対応するためにアッサンブラージュという複数年のリザーヴワインをブレンドする方法が編み出されました。
限られたリザーブワインしか持てないと...

『ブドウの出来は天候に左右される=リザーヴワインでカバーできない』

となるわけです。
とはいえ、優れた栽培家や醸造家はそんな定説すらもあっさり覆してしまいますが!
何せ彼らの情熱ときたらこちらが当てられてしまうほどだったりするのです。技術もある。魂がこもっていると感じさせる。まさに職人なのです。

そうした例外を除くと、シャンパーニュにおいていえるのは、ファッションブランドのように生産者がブランド化しているということ。 ブランドで服を選ぶように、ブランドでシャンパーニュを選べる。なんだかイメージが良い。友人に自慢できる。ステイタスにもなる。・・・
なんとも自尊心をくすぐられるアイテムのひとつなのです。

そこで、どんなブランドがあるのか主要なメゾンをご紹介いたします。

ドン・ペリニヨン 2006

■ドン・ペリニヨン
日本で一番有名なシャンパーニュといっても過言ではありません。日本のナイト市場を牽引してきた銘柄のひとつです。そんなイメージが先行しているためか実際に味わってみたことがないという方もいらっしゃるかもしれません。シャンパーニュの歴史の礎を築いた王道はまず味わっておくべきかと思います。

ルイ・ロデレール クリスタル ブリュット 2009 754ml (ギフトBOX入り)

■ルイ・ロデレール
世界中のセレブに愛されてきた「クリスタル」を生産する人気メゾン。特にその名と見た目の美しさから女性に愛されてきました。もともとは、ロシア皇帝のために作られた特別なキュヴェです。

クリュッグ グランキュヴェ

■クリュッグ
世界中に多くの「クリュギスト」を抱える人気メゾン。独特な濃密で力強く複雑な味わいは、特筆すべき特徴です。好みの分かれやすいところではありますが、圧倒的な存在感は体感しておくべきです。

ボランジェ

■ボランジェ
設立当初からボランジェ一族によって「ボランジェ憲章」として厳しい生産基準が保たれ続けている名門です。160haを超える自社畑を所有し、オーク樽での発酵に強いこだわりを持っています。ジェームズ・ボンド愛飲シャンパーニュとしても有名です。

テタンジェ ブリュット レゼルヴ

■テタンジェ
1743年創業より同族経営を貫く老舗メゾン(2005年一時的に買収された経験もアリ)。「シャンパーニュ界の伯爵」と称されるエレガントで気品溢れるシャンパーニュで世界中を魅了してきました。カーヴは元サン・ニケーズ修道院の地下礼拝堂です。

ヴーヴ・クリコ ラ・グラン・ダム 1998 751ml

■ヴーヴ・クリコ
オレンジ色のラベルが目を引くこちらのメゾンの礎を築いたのは「偉大な女性」と称されるマダム・クリコです。27歳という若さで未亡人(ヴーヴ)となった彼女はシャンパーニュ造りはもちろんのこと海外への販路を築くなど経営者としてもすぐれた手腕を発揮。今なお世界中で愛されています。現在はルイ・ヴィトンのグループ傘下。

モエ・エ・シャンドン アンペリアル ブリュット NV

■モエ・エ・シャンドン
1743年に設立された小さなメゾンから一躍トップメゾンに躍進した世界で1番飲まれているシャンパンメゾンです。F1表彰式のシャンパンファイトやシャンパンタワーの生みの親でもあります。

マム・コルドン ルージュ ブリュット NV 750ml

■G.H.マム
F1や国際的なヨットレースの公式シャンパンとして入賞者のシャンパンファイトに用いられることでも有名なメゾンです。「冒険する人を応援する」という想いから積極的にスポンサードを行ています。斜めに赤いリボンがあしらわれたラベルは、フランスの最高勲章「レジオン・ドヌール勲章」をイメージしたデザインとなっています。

ルイナール BB ブリュット NV

■ルイナール
1729年創業で現存する最古のシャンパンメゾンとして有名です。重厚感のあるどっしりとしたボトルを採用しており、中でも透明なボトルのブラン・ド・ブランはシャルドネの個性を存分に表現しており多くのファンに愛されています。

マイイ GC ブリュット レゼルバ NV

■マイィ
モンターニュ・ド・ランスのグランクリュ「マイィ」の栽培家たちが結成した協同組合です。秀逸なピノ・ノワールを産することで有名なマイィ村の組合員である栽培農家と共に収穫を行い、2週間に1度ブドウの成熟分析を行うなど協同組合ならではの取り組みで高い品質を維持しています。


■ローラン・ペリエ
2011年ウェストミンスター寺院で行われたウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式の夜、バッキンガム宮殿で行われたチャールズ皇太子主催の晩餐会で振る舞われたのがローラン・ペリエのシャンパーニュでした。英国王室との親交が深く1998年に「プリンス・オブ・ウェールズ」の認証を受けています。フレッシュ、エレガント、バランスの良さが特徴です。

ジャクソン アヴィズ・シャン・カン 2004

■ジャクソン
ナポレオンが愛飲し、自身の結婚式でも振る舞ったというグランメゾンです。クリュッグの創設者ジョセフ・クリュッグが修業したことでも有名です。常に革新をし続ける愛好家の支持が特に厚いメゾンです。

ペリエ・ジュエ ベルエポック 2007 751ml

■ペリエ・ジュエ
「シャンパーニュの芸術品」と称される美しいボトルで有名なメゾンです。その代名詞ともいえるのが白いアネモネがあしらわれたエッチングボトル。アール・ヌーヴォーの巨匠エミール・ガレがデザインしました。フローラルでエレガントな味わいも相まって女性人気の高いプレステージシャンパーニュです。

ポル・ロジェ サー・ウィンストン・チャーチル

■ポル・ロジェ
1849年に設立された家族経営のシャンパンハウスです。ブドウ本来の繊細な味わいを引き出すためステンレスタンクで発酵させています。また、ルミアージュ(動瓶)を今でも職人の手作業で行い続ける数少ないメゾンです。英国の元首相チャーチル氏が愛してやまなかったことからメゾンのトップキュヴェにその名を冠しています。チャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚披露宴にも振る舞われたポル・ロジェは、ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚披露宴でも採用されています。

サロン 2001 マグナム

■サロン
「幻のシャンパン」と呼ばれる徹底的にこだわり貫いて造り上げられるプレステージシャンパーニュです。優れた作柄の年のシャルドネのみを使用したブラン・ド・ブランのヴィンテージシャンパーニュのみを造っているという唯一無二の存在です。1905年の初ヴィンテージ以来100年間で37回しかリリースされていないという希少性の高さも幻と称される由縁です。

ポメリー ルイーズ 2002 ブリュット

■ポメリー
現在では主流となっている辛口シャンパーニュを世界で初めて世に送り出したパイオニアです。こちらも未亡人となったポメリー夫人がその高い経営手腕を発揮し、イギリス人の嗜好に合わせ辛口に仕上げたシャンパーニュをイギリス向けに輸出し成功を収めました。現在でも伝統的な製法を守りながらも季節限定のシャンパーニュをリリースするなど消費者のニーズに敏感なメゾンで、世界中で愛され続けています。

ランソン ブラックラベル

■ランソン
世界で3番目に歴史の古いシャンパンメゾンで、2代目のニコラ・ルイがマルタ騎士団の騎士であったことから赤い十字架がエンブレムとして使用されています。酸をしっかりと残したフレッシュな味わいが特徴です。

シャルル・エドシック ブリュット レゼルヴ NV 752ml

■シャルル・エドシック
各国の王室や著名人に愛されてきた「ダンディーな男のシャンパーニュ」です。創業者シャルル・カミーユは冒険家、起業家、粋なジェントルマン、と様々な顔を持つカリスマ性を持った人物でした。「シャンパン・チャーリー」という愛称で世の人々に愛され、映画や歌のモデルにもなりました。どんな苦境に立たされても品質を維持し続けた人気生産者です。

ドゥーツ キュヴェアムール・ド・ドゥーツ 2005 759ml

■ドゥーツ
グランクリュ「アイ村」に1838年に設立されたシャンパンメゾンで、1882年の「グラン・マーキー(最高級シャンパン協会)」設立以来の会員で、現在もその地位を守っています。多くのレストランやホテルでオンリストされているほか、世界の歌姫マドンナがこよなく愛するメゾンです。

ほかにも大手メゾン=グランメゾンがありますので、ぜひ調べて、味わってみてください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

【毎週日・水曜日が定休日です】

ページトップへ