カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
今月のお買い得 トップバナー

 Powered by Google 翻訳翻訳

「BB&R クラシックレンジ」 テイスティング【販売中】

BB&Rクラシック4種(ピーテッド,シェリー,スペイサイド,アイラ) 44.2% 700ml

ベリーブラザーズ&ラッドより発売された新定番となる商品です。
4種類あるのですが、数量の多く入荷できたシェリーとアイラの2種類をテイスティングしました。

 「クラシック」レンジはスコットランドのモルトウイスキーを語るうえで欠かせない「アイラ」、「スペイサイド」、そして「シェリーカスク」、「ピーテッド」の4種のスタイルのウイスキーにスポットを当てたブレンデッドモルトです。同社のスピリッツバイヤー、ダグラス・マクアイバー氏とブランド・ヘリテージ・ダイレクターのロニー・コックス氏が熟成年数に重きを置かずに各スタイルの特徴が上手く現れた成熟感のある樽を厳選しブレンドしています。


シェリー
・色: アンバー
・香り: 火薬、ベリー、あんず、フローラル
・味: シェリーの甘みの後にビター、少しワクシー、アフターはタンニンとナッツ

アイラ
・色: 透き通ったゴールド
・香り: 強めのピート、薬品、いぶした草の煙
・味: ピート、煙、麦芽の甘み、枯れ草

シェリーはしっかりとシェリー由来の甘みが出ており、ウイスキー初心者の方にもおすすめです。
アイラは王道アイラという感じで特徴がはっきり出ており、アイラ好きにはマッチするボトルではないでしょうか。
なにより5000円台というリーズナブルな価格から考えると素晴らしい完成度で、コストパフォーマンスに優れています!

商品ページはこちらから!

「アードナムルッカン スピリット2018」 テイスティング【販売中】

アードナムルッカン スピリット 2018 55.3% 700ml

テイスティングを掲載する前に完売してしまうという人気振りでしたが、購入できなかった方に少しでもお伝えできればと思います。

世界のモルト愛好家から絶大な支持を得ているスコットランドのインディペンデントボトラー、アデルフィ社が設立した新しい蒸溜所です。
スコットランドのマル島のすぐ北にあるアードナムルッカン半島にこの蒸留所を建設し開業したのが2014年。
2021年まではウイスキーとしての販売をしないことからもウイスキー製造へのこだわりが感じられます。



スピリットとはいえ、今回の2018リリースには3~4年のシェリー樽熟成のウイスキーが含まれているようで、
その多くはオクタブサイズの小樽ということで熟成感が期待できます。


・色: 濃い目のゴールド

・香り: きれいなシェリー感、焦がした砂糖、煙草、お香のようなオリエンタルさ

・味: オレンジの皮、さわやかな甘さ、アフターのウッディーさ、フィニッシュはすっきり

3年未満の未熟な原酒が含まれているため、香りの主張は強くないものの、
アルコール刺激が前面に出てくるというよりはシェリー樽由来の香味をしっかり感じられます。
少しピートも感じるのですが、その香りがお香のようなニュアンスがあり心地よいです。
今後ウイスキーとしてのリリースを非常に楽しみにさせるボトルでした!

ジン3種 テイスティング【販売中】


画像左から順に
フォーピラーズ ジン ネイビーストレングス
季の美 勢
フォーピラーズ ブラッディ シラーズジン

今回テイスティングを行ったのは、新着商品としてご案内しているジン3種です!
ジンということで、ストレートだけでなくトニックウォーターで加水した場合もテイスティングしております。
トニックウォーターの種類によって相性があったりなど、面白い発見もありました。


まずはストレートでのテイスティングから

・フォーピラーズ ジン ネイビーストレングス
香りはかなりスパイシーです。
味もスパイスが効いており、ドライでパンチのある味わいです。
テクスチャーのある舌触りでやはり力強さを感じます。
・季の美 勢
香りはやわらかい印象です。
柑橘の香り、特に柚子の香りを強く感じます。
味はやさしい甘みの中に柑橘とスパイスが調和しています。
・フォーピラーズ ブラッディ シラーズジン
ぶどうがふんだんに入っているだけに、ぶどうの甘い香りが最初にきます。
その後、ペッパーのスパイシーさが広がります。 味は重すぎないぶどうの甘みの後にスパイシー、薬草のような爽やかさを感じます。


次はトニックウォーターで加水をします。
フィーバーツリープレミアムトニックウォーターとシュウェップストニックウォーターの2種にて比較をしてみました。


・フォーピラーズ ジン ネイビーストレングス
かなりドライでスパイシーなためか、フィーバーツリーではキナが入っていることもあり、
より苦味が強調されてしまいました。
一方で、比較的ライトであるシュウェップスとの相性はとてもよく、
味のまとまりを保ちつつもとげとげしさがなくなり飲みやすくなります。

・季の美 勢
フィーバーツリーとの相性は抜群で、柚子の香りがさらに開いて華やかになります。
柑橘感がキナの苦味とも相性がよく、より深みを感じます。

シュウェップスでは香りの開きは感じるものの、味はすこし水っぽいような薄まった感じがしました。

・フォーピラーズ ブラッディ シラーズジン
加水すると飲みやすくなりよかったですが、ストレートで完成されている感じがあるので、
好みではありますが、味の濃厚さを楽しむならストレートがおすすめです。




商品ページはこちらから!

「オークニー13年2005 Bar Higuchi オリジナルボトリング Pathos 1st "FEVER"」 テイスティング【販売中】


オークニー13年 2005 Pathos 『#01 FEVER』 Bar Higuchi 58.5% 700ml

福岡中洲の名店『Bar Higuchi』オリジナルボトリング。
Pathosシリーズの第1弾「FEVER」!
弊社津崎商事と信濃屋様の限定商材となっております。

 2019年2月17日に開催された「秩父ウイスキー祭2019」の
 『ウイスキートークブース』内で先行試飲販売を行いました。
 用意していたテイスティングボトルはあっというまに空っぽに。
 急きょ、販売ボトルの予備をテイスティングに・・・
 ブースへ足をお運びくださったみなさま、ありがとうございました(^^)


 インパクトのあるラベルに、テイスティング前からわくわくさせられます。
 自分は月から落ちて来たに違いないと信じるカエルが
 今まさにロケットで飛び立とうとしています。
 FEVERがコンセプトとする、空想の世界がひろがりそうです。


 色 : 明るいゴールド。
 香り: ピート、スモーク、深みのある甘み、ヘザーハニー。
 味: 紅茶、はちみつ、キャンディー、穀物感。オイリーさも感じられる。


北の巨人と称されるあの蒸溜所の特徴がよく表れていると思います。
最初は少し堅いような印象は受けますが、時間が経つにつれ現れる深みのある甘みはとても素晴らしいです。
ゆっくりと楽しむのがおすすめです。

商品ページはこちらから!

「グレンマレイ21年1996 BBR 復刻ラベル」 テイスティング【販売中】


グレンマレイ21年1996 BBR 復刻ラベル 55% 700ml

【輸入元資料より】
BB&R(ベリーブラザーズ&ラッド)社は1698年創業の英国最古のワイン・スピリッツ商です。1903年にエドワード7世により英国御用達を賜り、現在はエリザベス女王とチャールズ皇太子からそれぞれ御用達指定を受けています。100年以上前から使っていた伝統のあるラベルを再現した復刻ラベルボトリングのために、BB&Rスピリッツマネージャーのダグラス・マクアイバー氏の全面協力のもと、今回も素晴らしいウイスキーが選ばれました。

【テイスティングノート】 グレンマレイ21年1996 BBR復刻ラベル 店長とスタッフ武石。新店舗応接室にて。
 武石が“はっぴ”を着ているのは・・・この日が新店舗のオープン初日
 だったため。餅まきをして、お客様、地域の方にご挨拶しました。
 応接室の壁面には、オリジナルボトルや、開栓したボトルなどを
 並べていけるよう工夫をほどこしてもらいました(^^)
 いまからボトルが並んでいくのがたのしみです!


【テイスティングノート】 グレンマレイ21年1996 BBR復刻ラベル このグレンマレイはリフィルバレルの21年熟成です。
 香りは爽やかなフルーティさが特徴です。
 「あれ、これどこかで食べたことのあるお菓子の味な気がする。・・・ビ○コだ!」
 とひらめいた店長。いやいやまさか、と疑いましたが、
 甘いクリームと、シリアルな感じが、たしかに、ビ○コ!
 引越しの時に、おやつにビ○コをよく食べていたせいかもしれませんが・・(笑)


【テイスティングノート】 グレンマレイ21年1996 BBR復刻ラベル 香り: 青りんご、柑橘、コーヒー豆、パン(イースト)、バニラ、ウッディ、香草。

 味: クリームサンドクッキー、シリアル。

 アフター: わずかにタンニン(樽由来の)。和三盆。


爽やかなフルーティさとウッディ感がケーキやクリームサンドクッキーのような甘みとマッチして良いと感じました。
完成度が高く、21年と長熟のボトルがこの価格でお求めできることは非常にお得です!


商品ページはこちらから!

洋酒専門店 TSUZAKI スタッフによる 【テイスティングノート】

テイスティングノート ページ画像


【 洋酒専門店TSUZAKI 】のスタッフはお酒好きばかり。
数が多めに入荷したもの(もちろん店長が購入☆)や、個人的にゲットしたものなどなど・・・興味深いボトル、すてきなボトルに出会ったら、みんなでテイスティングしています。

そんな飲みたがりスタッフ達による自由きままなテイスティングノートです。
(なお、当店で取り扱いのないボトルもございます(笑)・・・あらかじめご了承くださいm(__)m)


BBRクラシックレンジ テイスティングノート▼2019/04
「BB&R クラシックレンジ」      
 ・アイラ 
 ・シェリーカスク 
 【販売中】


アードナムルッカン スピリット 2018 55.3% 700ml▼2019/03
「アードナムルッカン スピリット 2018 55.3%」
【完売】

テイスティングノート ジン3種(20190304)▼2019/03
「フォーピラーズ ジン ネイビーストレングス」
「フォーピラーズ  ブラッディ  シラーズジン」
「季の美 勢」
【販売中】

▼2019/02
「オークニー13年 2005 Pathos 『#01 FEVER』 Bar Higuchi」
【販売中】

グレンマレイ21年1996 BBR復刻ラベル 55%▼2019/02
「グレンマレイ21年1996 BBR 復刻ラベル」
【販売中】

ザ・ブレンド・オブ・ニッカ 45% 660ml (特級表記ナシ)▼2018/11
「ザ・ブレンド・オブ・ニッカ(特級ナシ)」
津貫蒸溜所祭り2018 ニューメイク▼2018/11
津貫蒸溜所祭り2018限定ボトル
 「津貫ニューメイク 408DAYS」
 「津貫ニューメイク 664DAYS」

ザ・ブレンド・オブ・ニッカ(old) テイスティング【販売中】

ザ・ブレンド・オブ・ニッカ 45% 660ml (特級表記ナシ)
ザ・ブレンド・オブ・ニッカ  45% 660ml

1986年に発売され、現在は終売のボトルです。

【メーカーコメント】
発売当初ブレンデッドウイスキーは、モルト原酒の個性を和らげるため、グレーンウイスキーをモルトより多くブレンドしていました。しかし、「ザ・ブレンド・オブ・ニッカ」はこの発想を逆転。モルトの比率を高くすることで(物理的混和率でいえば、グレーンの2倍を超える)、モルト原酒本来の豊かな香りを発揮させました。

特級時代のものと特級表示無しのものが入荷しております。
今回はスタッフにて特級表示無しの方をテイスティングいたしました。
ページ下部に販売ページへのリンクがありますので是非一度ご検討ください。

テイスティング ザ・ブレンド・オブ・ニッカ(特級ナシ)3ブレンデッドウイスキーですが、「Malt base Whisky」の表記がある通り、
モルト比率のほうが高いウイスキーです。
グレーンにはカフェグレーンが使用されているとのことです。

開栓してみると、ボトルからは強くバニラの甘い香りがします。

テイスティング ザ・ブレンド・オブ・ニッカ(特級ナシ)2  【テイスティングコメント】
 色:  琥珀色

 香り: 甘さの中にあるすっきりとした爽快感、ウッディ、バニラ、
     時間が経つとフルーティさが現れる

 味:  はっきりとした甘さ、若干のピート、ナッツのような香ばしさ


  開栓したては、少し香りも味わいも静かな印象でしたが、時間をおくと一気にひらいてフルーティさなどが感じ取れるようになりました。
じっくりと時間をかけて変化を味わうのがポイントかもしれません。
味わいは重厚さがあり、熟成年数の高い原酒もかなりブレンドされていそうな印象で、非常におすすめできるボトルです。

商品ページはこちらから・・・




津貫蒸溜所祭り2018限定ボトル「津貫ニューメイク408DAYS / 664DAYS」 テイスティング


津貫蒸溜所祭り2018 限定ボトル
「津貫ニューメイク 408 DAYS / 664 DAYS 」

2018年11月11日に開催された津貫蒸溜所祭り。
このお祭りでしか購入することができない限定ボトルを求めて、鹿児島へ行ってきました!
蒸溜所祭りたのしかったなー。(蒸溜所祭りのもようは、現在レポートを作成中です^^)

さて、テイスティングしてみました!

津貫ニューメイク 408Days  津貫ニューメイク 408 DAYS 59% 500ml
 Distilled : 2017.5  Bottled : 2018.10
 カスクタイプ : バーボンバレル
 ピートタイプで、ピートレベルは50ppm。

 【テイスティングコメント】
 香り・味ともにスモーキー。スモーキーさの後にキャンディのような甘さ。
 ヘビーピートですが、心地よいピートの香りで、甘みも広がります。

津貫ニューメイク 664Days  津貫ニューメイク 664 DAYS 59% 500ml
 Distilled : 2017.1  Bottled : 2018.10
 カスクタイプ : バーボンバレル
 こちらは、ノンピートタイプ。

 【テイスティングコメント】
 フルーティ。バニラ。ウッディ。蜂蜜。
 フィニッシュに樽由来のスパイシーさ、フルーティさが強く、
 若いながらに熟成感を感じます。


※こちらは、津貫蒸溜所祭り限定での販売品のため、当店での取り扱いはございません。ご了承ください。

マルス津貫蒸溜所のシングルモルトが、さらに待ち遠しくなるニューメイクでした。
ファーストとなるシングルモルトは2020年に入っていからになるようですが、すでに原酒のチェックをしながら候補となる樽にあたりをつけ始めているようで、今からとても楽しみです。

ページトップへ