カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
今月のお買い得 トップバナー

 Powered by Google 翻訳翻訳

ジム・マッキュワン氏来日セミナー 【第一部】



ジム・マッキュワン セミナー2007年11月28日、ブルイックラディ蒸留所のジム・マッキュワン氏は故郷スコットランドへ帰国しました。

11月18日に来日してから約10日、福岡、大阪そして東京の地で8回ものセミナーを行い、アイラに対する愛情、そして何よりもウイスキーに対する情熱をほぼ毎日語り続けました。

身体的な疲労もピークに達していたと思われますが、その胸には哀愁とともに確かな充実感も去来していたのではないでしょうか?

今回の来日は、蒸留所の定番商品であった「10年」の週倍に伴って発売された新商品『クラシック』のお披露目を主な目的としていました。

ジム・マッキュワン セミナー

しかし、どのような商品をリリースしようとも、そこに一貫しているのは「美味しいウイスキーを届けたい」「ウイスキーファンを裏切らない」というジム・マッキュワン氏の哲学、そして、一ウイスキー生産者としてのプライドでありました。

そのことは、ご来場いただいたお客様に一番伝わったのではないかと思います。ご多忙な中、たくさんのお客様にご来場いただきましたことを、この場をお借りして深く御礼申し上げます。そして、今回ご来場いただけなかったお客様に少しでもセミナーの様子をお伝えしたいと思います。

ジム・マッキュワン氏の一人称でご報告いたしますので、氏の情熱を少しでも感じていただければ幸いです。

ジム・マッキュワン セミナー

【第一部 略歴】

ブルイックラディ蒸留所の歴史は、あまり恵まれたものではありません。創業したのは1881年のことですが、その長い年月の間に五度もオーナーが変わっており、1994年ジムビーム社を最後として閉鎖されたときには、アイラ島中が悲しみに包まれました。

なぜなら、ジムビーム社は蒸留所を買収した際に、ブルイックラディ蒸留所の復興を目指し、ずっとアイラに留まって定期的に生産していく、という宣言をしていたからです。しかし、残念ながらその一年後に閉鎖が発表され、ブルイックラディは二度と再開できないであろう、というのが大半の意見でした。

私はイーラッハ(生粋のアイラ島民という意味)として、この状況に心痛耐えがたいものを感じておりました。そこで複数の友人に声をかけ、私を含めた5名で蒸留所を購入することに決めました。2000年のことです。

アイラ島の蒸留所はアイラ島民の為にあるべきだ、というのが私の考えであり、私自身がその運営に関わることでアイラ島に何か貢献できるのではないか、とも考えました。このようにして、ブルイックラディは息を吹き返したのです。

ちなみに、このときの購入価格は700万ポンド。当時の日本円にして約14億円の値がついておりました。私が貧乏なのもお分かりいただけると思います。

私は15歳のときから45年間にわたってウイスキーの生産に関わってきました。その私の経験がアイラ島の役に立つことを考えると、こんなに嬉しいことはありません。学校を卒業してからの進路として蒸留所しか考えていなかった私は、卒業式の数日後にはクーパー(樽職人)の見習いとしてボウモア蒸留所におりました。

当時スコットランドで一番腕のいい職人として知られていたデビッド・ベルに師事し、樽加工の技術だけでなく、ウイスキーにまつわる様々な事を直々に教えられました。彼は99歳と9ヶ月でこの世を去りましたが、彼の存在は今でも毎日忠言を求めてやみません。

ジム・マッキュワン セミナー

私の祖父はモルトマンとして、また私の曽祖父はマッシュマンとして、代々ウイスキー業界に携わってきました。もちろん私の父もそうですし、実は娘を入れますとマッキュワン家は5代続いて蒸留所で働いております。

こうして振り返ってみますと、ウイスキーを造っているのは代々継がれていく経験や流れであることを実感します。そう、ウイスキー作りに求められるのは「人間」そのものなのです。

ブルイックラディ蒸留所では、未だにコンピューターを一切使用せず、人間の感覚を使って稼動している、数少ない蒸留所の一つとも言われています。蒸留所にあるコンピューターを強いてあげるとするならば、蒸留所所長のダンカン彼自身といえるでしょう。

昨今、ウイスキーを語られる際に重視されているのはテクニカルな側面ばかりで、テイスティングコメントや蒸留技術に終始している気がします。しかし、そんなものは「そのウイスキーそのもの」を何一つ明らかにしてはくれません。それはあくまでも「観察日記」なのです。

ウイスキーにとって大事なのは、「誰が」「どのような想いで」「どのような経験を踏まえて」そのウイスキーと向き合ったか、を考えることです。人の手がなければウイスキーは生まれない、という大原則に立ち返らなければなりません。

 ジム・マッキュワン セミナー さて、ブルイックラディではコンピューターを一切使用しないと申し上げましたが、そのためにスタッフが50人近くもいるアイラ島で一番大きな蒸留所となってしまいました。

しかし、それでいいのです。アイラ島の人口は3,500人程度ですが、そのうちの50人には確実に仕事があるということですから。アイラ島の人口は一時15,000人を数えておりましたが、近年ますます減少しています。

アイラ島を愛する私としては、これ以上人口が減っていくのを黙って見ていることはできません。何度も申し上げますが、アイラ島の蒸留所はアイラ島民のためにあるべきであり、それでこそアイラウイスキーの生産に値すると思うのです。

アイラ島はいまや、ウイスキーの聖地として大生産地の一つに数えられるようになりました。それに伴い、多くの情報や商品がアイラ島から発信されています。世界の国々は、それを受け取ってアイラ島を賛美したり批判したりしていますが、それは本当にアイラ島のためになっているのでしょうか?

私は違うと思います。私は常々、神様はアイラ島から何を発信したかではなく、アイラ島に何をもたらしたか、何を貢献したかを見ているはずだと信じています。

新しいウイスキーを造る、希少な新商品を発表する、高価なウイスキーをボトリングする・・・これら一つ一つが、島民一人ひとりにどのような恩恵をもたらしているのでしょうか?島民が求めているのは、ウイスキーはもちろんですが、もっと生活に密着した、雇用の機会であり、貨幣の流通であるはずです。

人件費削減やコンピューターの導入は、島民排除ではありませんか!ちなみに蒸留所では、スタッフがこの蒸留所で働く意義を見出せるよう、トイレの掃除婦やショップスタッフに至るまで、蒸留所の株を配当しています。ブルイックラディは働く一人ひとり全員が蒸留所の所有者であり、蒸留所を動かしているのです。

ページトップへ